債務整理後 住宅ローン

借金が膨らんで・・・

借金が膨らんで住宅ローンの支払いに支障が出てきて、このままだと家を手放さなければならない、あるいは債務整理から10年経過したので住宅ローンを組みたいが、銀行の融資を断られたので何か良い方法はないのか。

 

など、借金は本当に悩みのたねとなります。良い解決法があっても法律に詳しくない人は、あきらめてマイホームを手放してしまったりするケースもあるでしょう。また、過払い金があることに気づかず10年が経ってしまえば、戻るお金も手にすることができないのです。

 

こういった法律を知っていないと解決できない金銭トラブルは、弁護士に相談しましょう。
しかし、弁護士といっても普通に暮らしている人には縁遠い職種です。弁護士事務所へ突然訪ねて行って依頼するというのも不安です。また弁護士費用が高いのではないかと躊躇してしまいます。

 

それでも一刻も早く相談して解決しないと、金銭トラブルが拡大してしまう可能性があります。パソコンを見ることができる環境の人は「債務整理・弁護士」と入力すればたくさんのサイトにヒットします。
また公的機関の「法テラス」のホームページでは無料で金銭トラブルについての、法制度や相談窓口の紹介をしてくれます。

 

やみくもに弁護士事務所へ相談に行っても、その弁護士さんが金銭トラブルに強いならいいのですが、民事トラブルが得意だったりすると引き受けてもらえたとしても、満足のゆく結果になるかどうかわかりません。
最近は借金の過払い金を取り戻せますというコマーシャルで、不当に高い利息を支払っていた人が相当なお金を取り戻しています。

 

金銭トラブルを抱えた人が多いということから、こういった事案を扱う弁護士や司法書士が増えてきています。

債務整理後の生活の変化

借金の返済に追われる日々は地獄のようだと言う人がいますが、自分で蒔いた種だといっても本当につらいことだろうと察することができます。
そういった方が思い余って、専門家のところに相談にいくともうそれだけで、救われような気分になれるのだそうです。

 

1人で悩まなくてもいいという安心感で満たされます。そして債務整理の着手後は当面、借金の返済がありませんので、しばらくホッとできます。
そして債務整理の方法によっては、全く支払う義務がなくなる場合もありますが、任意整理などでは無理なく払える返済額という整理なので、生活の立て直しができます。

 

クレジットカードなどは使えなくなりますから、現金主義の生活になります。慣れればその方がシンプルで解りやすい生活ができるはずです。
そして貯金ができるようになれば、また住宅ローンが組めるようになるはずです。それまでにしっかり貯蓄に励むことが肝心です。

債務整理のための弁護士選び

緊急性がある借金問題の解決のため、弁護士を探す時間もあまりない、でも信頼できて金銭トラブルが得意な弁護士に依頼しなければならない。
知り合いが良い弁護士を紹介してくれればいいのですが、そんなツテもないときに最も安全な弁護士の選択方法はというと。

 

弁護士会の主催する法律相談を利用することです。弁護士会ではあまり評判の悪い弁護士は相談担当者から外されますので、ガッカリすることはあまりないようです。

 

相談をした弁護士に依頼する場合、弁護士会の審査があるので、法外な報酬を請求されることはありません。
債務整理の進行につて、弁護士から弁護士会への報告が義務付けられているので、いい加減な仕事をするような事態にはなりません。

 

そして広告から弁護士を選ぶ場合です。弁護士広告は解禁されて日が浅いので、ハデに広告を出している弁護士が必ずしも優秀とは言い難いと言えます。ベンチャー精神を持った気鋭の弁護士か、怪しげな弁護士という見方もできます。週刊誌やスポーツ紙、電車内の広告などは怪しげな弁護士という割合が高いように思われます。ホームページなどは大手の法律事務所が作成している場合が多いので、信頼できそうです。

 

弁護士広告で、債務整理のプロであることを必要以上にひけらかしたり、債務整理後のバラ色の生活が待っている、などの宣伝文句が多い弁護士は逆に怪しいかもしれません。相談の際にも厳しいリスクもあることや、債務整理後の生活の厳しいアドバイスをあえてしてくれる弁護士のほうが信頼できると思います。

 

一番注意したいのは、債務整理をしている人を狙う「提携弁護士」です。
貸金業者やヤミ金業者と提携して、紹介料を渡す代わりに多重債務者を紹介してもらい、債務者を利用して不当な利益を得ようとする弁護士のことです。このような弁護士は債務整理のプロであることを派手に宣伝しています。

債務整理関係サイト